カリキュラム例

1年次

確かな基礎力を身につける

さあ、いよいよ歩き始めるこの第一歩が夢の実現への出発点!

カリキュラム例

カリキュラム例 

トレーナー理論

トレーナー理論

選手やチームにとってスポーツトレーナーは必要不可欠な存在です。柔道整復師として必要な知識である解剖学や生理学、柔道整復学を基に、1年次から『スポーツトレーナーとしてプロの現場で活躍できる即戦力になる』ための専門知識や技術を学びます。

Voice

将来は独立開業を目指します!

寺田 塁登(2年)出身校:兵庫県立三木北高等学校

解剖学の授業では、身体を動かすときにどの筋肉がどのように作用しているかなど、身体の基礎を知ることができました。先生方は分かりやすく教えてくださり、また質問もしやすい環境なので、大きな支えになっています。将来は接骨院を開業し、地域の患者様と信頼関係を築ける柔道整復師になりたいです。

寺田 塁登さん

2年次

さらに深く専門的な分野へ

目標がしっかりしているから頑張れる!

カリキュラム例

カリキュラム例 

機能訓練実習/附属接骨院実習!

機能訓練実習/附属接骨院実習

地域の高齢者の方を対象にした機能訓練実習や接骨院実習を実施しており、柔道整復師の仕事の理解を深め、診断・治療技術を確実に身につけていきます。さらに現場での患者様とのコミュニケーションを通して、相手を思いやることのできる柔道整復師を養成します。

Voice

知識が身につく実感があります!!

前畑 朋美(3年)出身校:神戸野田高等学校

授業は専門性が高まり、1年次の知識がより重要になりますが、先生が親身になってサポートしてくれるのでとても心強いです。2年生では実技など人の身体に触れる授業が増え、今までの知識が身になっていくのを実感します。実技や実習もさらに実践的になり、接骨院で使うストレッチやマッサージの練習など、現場に即して学べるのが嬉しいです。

前畑 朋美さん

3年次

意識を高め試験本番に備える

目標までの確かな道筋をしっかりととらえて進もう!

カリキュラム例

カリキュラム例 

シミュレーション/演習

シミュレーション/演習

接骨院での治療を想定したシミュレーション授業を実施。来院された患者様と対面し、聞き出し(問診)、目で見て(視診)、触る(触診)ことで症状を的確に判断していきます。3年間で学んだ知識や治療技術の確認はもちろん、コミュニケーション能力も養成します。接骨院業務の臨床に即した演習では、傷害の治療知識だけでなく、柔道整復師法や療養費に関する知識を身につけます。

Voice

受験のサポートが手厚いです!

高間 雅也(2017年卒業)出身校:鳥取県立米子高等学校

3年次からは国家試験対策の授業が強化され、学校独自の問題集や過去問題を解き、繰り返し学びます。先生方は指導熱心で、小まめに声をかけてくださるので、とても心強い存在です。知識や技術だけでなく、コミュニケーションが大切な柔道整復師において、身近にいる先生方は将来の目標です。

高間 雅也さん