カリキュラム例

"本物"の
柔道整復師になるために

KANKENでは、入学前から卒業までの3年間で専門知識を身につけることはもちろん、一人ひとりの適正+αを見つけ育てられるよう、さまざまなカリキュラムを用意しています。

入学前

在校生と一緒に楽しく柔整を体験!

入学後の学校生活や学習をよりスムーズに進めるために、事前学習会を開催しています。先生や先輩、新入生同士と交流できる体験授業、グループワークを通して楽しみながら柔道整復師の勉強内容に触れることができます。

1年次

基礎を身につけ知識を高める!

1年次は、骨や筋肉を学ぶ解剖学や身体の働きを学ぶ生理学で、医学の基礎知識を身につけます。その知識がトレーナースキルやテーピング・包帯の技術を高めます。

入学時スタートダッシュ講座

KANKEN ONLY!!

国家試験合格には1年次の勉強が重要です。解剖学・生理学・基礎柔道整復学の補講を行います。

トレーナー理論

トレーナー理論

選手やチームにとってスポーツトレーナーは必要不可欠な存在です。柔道整復師として必要な知識である解剖学や生理学、柔道整復学を基に、1年次から『スポーツトレーナーとしてプロの現場で活躍できる即戦力になる』ための専門知識や技術を学びます。

2年次

豊富な臨床実習でスキルアップ!

2年次では、ケガを負った人やスポーツ選手の対処方法を臨床実習で身につけます。また、専門の柔道整復学では、どのようなケガ(外傷)にでも対処できる技術を習得します。

試験前+α勉強会

KANKEN ONLY!!

授業外で少人数の補講を実施し、2年次の疑問を2年次の間に解決します。

機能訓練実習/附属接骨院実習!

機能訓練実習/附属接骨院実習

地域の高齢者の方を対象にした機能訓練実習や接骨院実習を実施しており、柔道整復師の仕事の理解を深め、診断・治療技術を確実に身につけていきます。さらに現場での患者様とのコミュニケーションを通して、相手を思いやることのできる柔道整復師を養成します。

3年次

現場での応用力強化と万全の国家試験対策!

3年次は仕事現場の臨床に即した授業で、柔道整復師法や療養費などの知識を身につけます。実技でも整骨院での治療を想定したシミュレーション授業で、患者様とのコミュニケーション、問診、視診、触診などを実習します。国家試験対策も強化されます。

KANKEN ONLY!!

国家試験塾

第1回から蓄積したデータをもとに傾向と対策を練ったKANKENオリジナルテキストを用い、国家試験全員合格を目指します。

シミュレーション/演習

シミュレーション/演習

接骨院での治療を想定したシミュレーション授業を実施。来院された患者様と対面し、聞き出し(問診)、目で見て(視診)、触る(触診)ことで症状を的確に判断していきます。3年間で学んだ知識や治療技術の確認はもちろん、コミュニケーション能力も養成します。接骨院業務の臨床に即した演習では、傷害の治療知識だけでなく、柔道整復師法や療養費に関する知識を身につけます。

Voice

幅広く学べるので卒業後の進路で役に立つと実感

河野 譲太(3年)出身校:神港学園神港高等学校(現:神港学園高等学校)

入学前の事前学習会でやった「筋肉かるた」が今でも印象深いです。筋肉の部位について読み上げられ、その筋肉の名前が書かれた札を取りあう。楽しかったし、入学してみるとあれに学校のカラーが表れていましたね。授業では臨床で使えることや、細かいことまで教えてもらっています。いろいろなことを幅広く学べるので卒業してからも役に立つと感じています。

河野 譲太さん

Voice

将来は独立開業を目指します!

寺田 塁登(2019卒業)出身校:兵庫県立三木北高等学校

解剖学の授業では、身体を動かすときにどの筋肉がどのように作用しているかなど、身体の基礎を知ることができました。先生方は分かりやすく教えてくださり、また質問もしやすい環境なので、大きな支えになっています。将来は接骨院を開業し、地域の患者様と信頼関係を築ける柔道整復師になりたいです。

寺田 塁登さん