柔道整復師の将来

接骨院からスポーツ施設まで、様々な分野で活躍

柔道整復師の仕事は、接骨院・整骨院で働くだけではありません。現在の高齢化社会や健康ブームともあいまって、様々な分野で活躍が期待されています。

接骨院(整骨院)勤務

経験豊富な柔道整復師のもとで働くことから、高度な知識と技術を身につけることができ、経営についても学べます。

僕と同じようにケガで苦しんでいる人を救いたい!

柴原 大樹さん(2015年卒業)出身校:兵庫県立飾磨工業高等学校 整骨院勤務

ケガをきっかけに柔道整復師の仕事を知った

ずっと柔道をやっていて、ケガが多かったんです。手術が必要と言われるほどのケガもしました。そのときは試合まで時間がなかったので、選んだのは保存療法。それで整骨院に行くようになり、こういう治療があるんだと知ったんです。僕もケガで苦しんだので、同じように困っている人を救いたいと思って、柔道整復師になることを志しました。

柴原 大樹さん

習ったとおりにやって、患者の脱臼を整復

KANKENでは初めて習うことばかりでしたが、先生はみんなすごく親身になって教えてくれました。卒業して整骨院に勤めてから、当時の担任の先生が教えてくれた方法で脱臼を整復できたことがあったんです。今でもわからないことがあって電話したら、丁寧に答えてくれます。KANKENで学んだことは、今の僕にとても役立っています。

柴原 大樹さん

"治りたい"という患者様の気持ちを高めたい。

髙間 雅也さん(2017年卒業)出身校:鳥取県立米子高等学校
整骨院勤務

患者様の生活や状況を知って治療を行い、また患者様に目標をもって治療に取り組んでもらえるようコミュニケーションを深めるよう心掛けています。将来は地元で開業を考えています。

髙間 雅也さん

スポーツトレーナー

選手のコンディショニングやリハビリを行います。プロチーム、学校の部活、スポーツジムなどで活躍できます。

身体を作ることだけじゃなく治すこともできる!

坂本 大洋さん(2018年卒業)出身校:育英高等学校 整骨院勤務・トレーニング指導

資格があれば、できることの幅が広がる

スポーツトレーナーは無資格でもできますが、その反面、ずっと続けられる仕事なのかは不安がありました。でも資格を持っていればなにかと有利ですし、それに自分自身の知識も高まってできることの幅が広がる。それで柔道整復師の資格を取るために、KANKENに入学しました。学生時代は球技大会やイベントがあって、楽しかったですね。

坂本 大洋さん

身体のことを学んだから治せる

トレーニング中に、どこかを痛めることもあります。そのときに身体のことを勉強してきたから、的確な処置やアドバイスができる。ずっとスポーツをしてきたのでトレーニングの知識はありましたが、治療面のことはKANKENで学んだことが生きています。だからこそ今、身体を作ることと治すことの両方ができている。それは僕の強みですね。

中村 吉朝さん

選手のコンディションを整え結果を出してくれるとうれしい!

中村 吉朝さん(2007年卒業)出身校:関西大学北陽高等学校 スポーツトレーナー・整骨院開業

プロを目指した高校球児から転身

高校時代はプロを目指して、野球をやっていました。でも夏の予選の抽選会前日に行った紅白戦で、後輩からデッドボールを受けて大きなケガをして、急遽メンバーから外れることになったんです。そのときに柔道整復師の方に治療を受けて、こんな仕事があるんだ。こういう形で選手をサポートできるんだと知って、KANKENに入学しました。

中村 吉朝さん

鍼灸整骨院を開業し、選手をサポート

現在は鍼灸整骨院を開業し、トレーナーとしてもオリンピック選手や力士らのサポートをしています。近畿大学が近いので、体育会系の学生も来られるんです。多くの競技に携わるなかで、患者さんから学ぶのが僕のスタイル。有名選手であれ学生であれ、彼らのコンディションを整えてあげて、試合で結果を出してくれたときは僕もうれしいです。

中村 吉朝さん

プロを支える立場で、責任の大きさを感じています。

佐々木 直哉さん(2018年卒業)出身校:鳥取県立八頭高等学校
スポーツトレーナー

選手の気持ちに負担をかけないよう、手際の良さと笑顔を心掛けています。パフォーマンスが良くなったと言われるのがうれしいですね。目指すのは世界で通用するスポーツトレーナーです。

佐々木 直哉さん

女性スポーツトレーナーの活躍が期待されています

森田 陽子さん(2013年卒業)出身校:兵庫県立須磨東高等学校
神戸学院大学女子駅伝競走部 副監督兼 コンディショニングコーチ・兵庫県立須磨友が丘高等学校 非常勤講師・公益社団法人 日本学生陸上競技連合 医事委員会トレーナー部委員・世界大学クロスカントリー日本選手団 帯同トレーナー(男子・女子)

高校や大学で、骨格バランスの調整、筋肉や骨のケアのほか、生徒同士でもお互いの調整ができるようストレッチの指導をしています。女性アスリートが活躍する中、女性トレーナーは少ないのが現状。身体的な悩みだけでなく同性によるメンタルケアを求めており、女性のスポーツトレーナーが活躍する機会は増えてくると思います。

森田 陽子さん

介護施設勤務

高齢者を対象に機能訓練指導を行います。柔道整復師の新たな活躍の場として注目を浴びています。

幅広いことが学べて新しい道がひらけた!

高嶋 ひとみさん(2011年卒業)出身校:神戸常磐女子高等学校 介護施設勤務・機能訓練指導員

学生時代に現場でトレーナー活動を経験

中学、高校とバスケットボールをしていて、最初は
スポーツトレーナーになることに憧れていました。父に柔道整復師になればトレーナー活動もできるし幅が広がると勧められて、KANKENに入学したんです。学生時代は全国優勝もしているIPU・環太平洋大学の女子柔道部に、トレーナーとして帯同する貴重な経験もさせてもらいました。

高嶋 ひとみさん

整骨院勤務から機能訓練指導員に転身

卒業後は整骨院に7年間勤務し、トレーナー活動もしていましたが、違う観点からもこの職業を学びたいと思い機能訓練指導員になりました。今の仕事は、お年寄りの身体機能の回復に努めること。以前とは方向性が異なりますが、KANKENで幅広いことが学べたので、こうして新しい道が開けました。高齢化が進む社会で、少しでも力になりたいです。

高嶋 ひとみさん

小さな変化も気付けるように一人ひとりの声に耳を傾ける

光元 千皓さん(2012年卒業)出身校:兵庫県立舞子高等学校
介護施設勤務

リハビリ型のデイサービス施設で、患者様の腰や膝の痛みなどをマッサージで和らげる機能訓練指導員をしています。
症状の原因は運動能力の低下だけでなく、ストレスによるものもあるため、患者様の言葉に耳を傾けることを大切にしています。

光元 千皓さん

「ありがとう」の言葉がなによりもうれしい。

谷 歩美さん(2017年卒業)出身校:兵庫県立伊川谷高等学校
介護施設勤務

デイサービス施設で機能訓練指導員をしています。マヒのある手が動いたり、痛みが和らいだりして、「こうなりたい」が叶った時は、私も心から喜びを感じます。

谷 歩美さん

病院勤務

運動器疾患のリハビリ専門として、外科・整形外科などで医師や看護師などと連携をとりながら施術にあたります。

KANKENで学んで自分の可能性が広がった!

溝口 奈那さん(2017年卒業)出身校:兵庫県立高砂高等学校 クリニック勤務(整形外科、リハビリテーション科)

資格を取れば幅広く活躍できる

柔道をしていた高校時代にケガをして柔道整復師の方にお世話になりましたが、自分がその道に進むとは考えていませんでした。でも資格を取れば整骨院以外にも整形外科や、美容でも活躍できることを知って興味を持ったんです。将来は美容の道に進むことを考えていましたが、学校で学ぶうちにこの資格を生かしたいと思いクリニックに勤めました。

溝口 奈那さん

多くのことが学べて可能性が広がる

KANKENでは教科書には書かれていないような、最新の技術や情報も教えてもらえます。教えてもらえる幅が、本当に広い。学生時代に学んだことは全部、今に生きています。やりがいがある今の仕事に就けたのは、幅広く学べて、自分の可能性が広がったからですね。

溝口 奈那さん

「ありがとう」の声がいただける それが一番のやりがい!

田口 裕己さん(2017年卒業)出身校:神港学園神港高等学校(現:神港学園高等学校) 整形外科勤務

先生は120%の熱意で教えてくれた

中学時代に柔道でケガをして柔道整復師の方に治してもらい、自分もそういう人になろうと思ったことが目指したきっかけです。国家試験の合格率が高いことなどが魅力で、KANKENを選びました。ゼロからのスタートでわからないことも多かったですが、どの先生もわかるまで120%の熱意で教えてくれました。それは今でも印象深いです。

田口 裕己さん

自分の手で患者さんを治す最高の仕事

学生のときから今の病院で補助として、働かせていただいていました。学校で学びながら現場の体験もできて、いい経験ができていました。座学で身体の構造を学んだことが、役立っています。柔道整復師になって患者さんから「ありがとう」の声をいただけるのが、いちばんのやりがい。それが自分の手で生み出せるんですから、最高の仕事です!

田口 裕己さん

選手を支えて競技復帰をサポートしたい!

前田 麻希穂さん(2017年卒業)出身校:IPU環太平洋大学
病院勤務

外来患者様のリハビリ業務を担当しています。スポーツ整形の経験もふまえて、将来はスポーツに取り組む中高生を心身ともにサポートできるトレーナーを目指しています。

前田 麻希穂さん

独立開業

柔道整復師は開業できる数少ない医療系国家資格。自分のこだわりを持って開業できます。

思い切って独立開業して新しい世界が広がった!

稲田 真子さん(2007年卒業)出身校:神戸星城高等学校 整骨院開業

昨年春に自らの整骨院を開業

柔道整復師の資格を取ることを目的にKANKENに入学して、卒業してからは10年ほど整骨院に勤務していました。もともとは、開業する気はありませんでした。入学時に先生に尋ねられても、そう答えたくらいです。ですが家族に勧められて、それならチャレンジしてみようと思い立って、昨年4月に自分の整骨院を開業しました。

稲田 真子さん

治療と並行して美容にも注力

開業してみて気付いたのは、女性の柔道整復師を求めている患者さんが多くいるということ。
これは、今の私の強みになっています。整骨院に勤めているときから美容にも興味があり、これからは治療と並行して美容にも力を入れていこうと思っています。KANKENでは幅広いことが学べ、卒業後の進路が広がる。それを今、実感していますね。

稲田 真子さん

現役時代の経験が生かせる仕事

田村 勤さん(2011年卒業)田村整骨院開業

小学生の頃からずっと夢見ていた憧れのプロ野球選手となり、思う存分野球をやってきました。 残念ながら故障したことで、引退することになってしまいましたが、スポーツ選手としての様々な経験を生かせるのが、柔道整復師だと思っています。 現役時代、自分なりに体のことは勉強していたつもりですが、肩や肘を壊したのは何が原因だったのか、はっきりしたことはわからず、ただ治療を受けるだけでした。 でも、関西健康科学専門学校で学び始めるようになって、怪我の原因はこういうことだったのかと、得られた知識を元に改めて理解を深め、興味がさらに湧いてきました。 現役時代に今使っている教科書が手元にあったらよかったなと思います。

田村 勤さん

"先生"と呼ばれる資格を手に入れる!

多田 和樹さん(2010年卒業)すこやかトレーニングスタジオ開業

会社員を経て、関西健康科学専門学校Ⅱ部に入学しました。接骨院で勤務しながら、柔道整復師の資格を取得しました。学校の先生方から、「学業と生活の両立」についてたくさんの前例があることを聞いて、とても心強く感じました。1年生の時から通学時間や仕事の昼休みなどを利用して勉強し、3年間を無駄にしないように、とにかく一生懸命でした。現在、デイサービスのスタジオを2店舗展開していますが、柔道整復師には社会福祉、介護業界への広がりがあるということも、ひとつの前例として、ぜひ知っておいてほしいと思います。

多田 和樹さん

エステシャン

身体のスペシャリストとして多くの人をキレイにしたい!

春山 眞緒さん(2015年卒業)出身校:芦屋学園高等学校 エステ店勤務

身体のことを知るエステティシャンを目指した

ずっとエステティシャンを目指していて、それなら美容学校に行くのが普通ですよね。でも私は人間の身体のことについて勉強して、豊富な専門知識を得た上でエステティシャンになれば、ほかの人とは違う存在になれると思って入学しました。当時のKANKENにエステティシャンを目指して入学してきていたのは、私だけでした。

春山 眞緒さん

KANKENで学び、上質のサービスができている

学生時代は成績があまり良くなかったのですが、先生がとても熱心に教えてくれて、国家試験前は同級生たちも協力してくれて、なんとか合格できました。今はKANKENで学んだことで人間の身体のことを知り、ワンランク上のサービスが提供できていると思っています。これを生かして、ひとりでも多くの方をキレイにしたいです!

春山 眞緒さん

教育者・指導者

現場で経験を積んだ後、経験からの実例や知識を伝授し、柔道整復師の育成に携わります。

やる気さえあれば全員にチャンスがある

教員助手 三村 賢吾(2017年卒業)

私は高校時代、部活動での怪我が多く、その度に悔しい思いをしてきました。
ですが、柔道整復師の先生に治療をしていただいたことで、三年間最後まで悔いなく部活動を続けることができました。この経験がきっかけで柔道整復師に憧れを持ち、私も怪我で困っている人をこの手で助けたいと思い、関西健康科学専門学校に入学を決意しました。
入学後は多くのスポーツ現場の実習で経験を積み、また様々なゼミや授業に励み、国家試験に合格する事ができました。
資格取得後は、より多くの学生に柔道整復師の魅力や現場での経験を伝えたいと思い母校で教員助手をしています。

三村 賢吾さん